Yamanashi Systematized Goodwill Guide

​山梨通訳ボランティアネット

会の紹介

ご挨拶

 山梨通訳ボランティアネット(Yamanashi Systematized Goodwill Guide:YSGG)は山梨県下において、外国人観光客に山梨の豊かな景勝、壮大な富士山、世界一の果物各種、いろどり豊かな温泉、由緒ある史跡など楽しんでいただくために、通訳ガイドボランティア活動を展開しています。また外国人に対して、単に通訳ガイドを提供するだけではなく、「おもてなし」の精神を基調に、国際親善、国際理解の推進に貢献できるよう尽力しています。
 今、日本は国を挙げて外国からの観光客誘致に努めています。私共山梨通訳ボランティアネット(YSGG)も微力ながらこれに積極的に協力し、活動の幅を拡げて行きたいと思っております。併せ、山梨通訳ボランティアネット(YSGG)の活動は2017年10月に東京2020参画プログラムに認証されました。

 当会の趣旨にご賛同される方には是非一度入会をご検討いただけますよう、お待ち申し上げております。

2017年12月 会長・堀内

会の概要

目的:

  • 山梨県を訪れる外国人観光客や在住外国人が言語上の障害や不便を感じることなく、山梨県内の旅行、滞在が楽しく出来るよう、語学ボランティアとして支援すること

  • 「おもてなし」の精神を基調に国際親善、国際理解を図ること

  • 会員相互の情報交換やスキルの向上、親睦を図ること

代表者 : 堀内 幸一

会員数 : 44名(2018年度)
       
主な活動 :

  • 観光地やイベントでの通訳ガイド

  • 県内在住外国人への支援等

  • 研修会(ガイド能力・語学力向上プログラムや観光地ガイドマニュアル・観光モデルプラン作成など)

  • 山梨県内各地のツーリストインフォーメーションとの連携・協力

  • 定例会(組織の懸案事項決定・会員同士の交流など)

今後の運営について :

 山梨県では、2016年に構造改革特別区域法に基づき「富士の国やまなし通訳ガイド特区」地域限定特例通訳案内士の  

制度が始まり、本会会員も研修に参加し資格を取得することでより充実した通訳案内業務が可能となってきました。

 そこで、本会・YSGGは活動内容の充実並びに会員の増員を目標に東京2020参画プログラムに参加し、下記の活動 (アクション)を介して会の更なる発展と未来への継承を軸とした新しい試みを始めます。

  1. アクション1:HPをリニューアルし、会員並びにガイド依頼の増加に向けた広報活動を行う。また、定例会等を通して新しい会員枠の設置を検討する。

  2. アクション2:海外からの個人旅行者の通訳ガイドだけでなく、語学ボランティアとしての活動機会を山梨県内外において模索する。

  3. アクション3:会員からの企画等に山梨県内の外国人滞在者を招待し、交流の機会を増やすことで文化の多様性を学ぶ。

会の歩み

 2009年1月17日から3月15日の間に計5回の「英語・韓国観光ボランティアガイド研修会」が山梨県国際交流課と山梨県国際交流協会の主催で行われました。研修最終日に各言語で出来たグループの輪を今後も継続するため、会発足への決意を参加者で固めました。

 4月11日には、英語グループ(ボランティア17名、企画 やまなし観光推進機構)が会として初めて、横田基地のアメリカ人家族に対して信玄公祭りのガイド(交流)活動を行いました。

Copyright (C) 2009-2019 山梨通訳ボランティアネット All rights reserved.

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus
  • w-youtube